テーマ:読書(活字)

宮部みゆき『火車』

オビにもありますが このミステリーがすごい!で 燦然たる1位の作品です。 確かにすごい! ものすごい本だと思いました。 すごいんですが、好きかと言われると ごめんなさい、あまり好きじゃないです。 読後感があまりに重いので もう一度読みなおそうと思えないというか 気楽に読んではいけない気がして。 ハードカバ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三浦しをん『仏果を得ず』

三浦しをん先生の『仏果を得ず』がや~っと図書館で借りられました。 以前TBSの王様のブランチで取り上げられて 面白そうだなーと思ったのでリクエストかけたんですが 本の冊数が少ないのと、希望者が多いのとで、なっかなか順番が 回ってこなかったんです。2か月以上待ったかも。 文楽の世界のお話で、とっつきにくいかなーと思ったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宮部みゆき 『この子 だれの子』 (青い鳥文庫)

オトナなのに、児童書が大好きです。 オトナなのに…。 講談社の青い鳥文庫です。 小学校高学年向けの文庫シリーズです。 そう、小学生向け。 でも、でもね!理由があるの。 宮部みゆきさんは、言わずと知れたベストセラー作家さんで 日本で一番読まれていると言われている作家さんなのですが 文章が、というか作品が上手過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野不由美『丕緒の鳥』(ヨムヨム)

3月頃に買ったのですが、小野不由美先生の十二国記の新作が 新潮社のヨムヨムに掲載されていました。 慶の国のお話で、独特な職業の方をメインに据えた短編です。 このお話は、(というか、小野先生のお話には多いですが) 最後の数行を読むためにあるようなお話だと思いました。 こういうの、大好きです。 慶は陽子がとて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめての文学 『小川洋子』

タイトル、作家の名前と本の名前が逆じゃない? と思うかもしれませんが、大丈夫、これで合ってます おそらく、子供の活字離れを憂ういわゆるベストセラー作家さんが 12人集まって、それぞれ1冊読みやすい(とっかかりやすい?)本を出す、 というシリーズだと思われます。 図書館で借りました。 短…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more